読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されどロックな日々 - ANNEX

「されどロックな日々」、別館 (ANNEX) でございます (^^)

いきものがかり、山下氏が使っているフェンダー・エレアコ (アコギ)

ギター 音楽

こないだ、何気なく YouTube をながめていたら、いきものがかりのPVにクギ付けになってしまった。

「こっ、このギター、見たことある!」

画面に向かって右側の茶髪の人、通称ほっちこと山下穂尊(やました・ほたか)さんという人が弾いているエレアコエレクトリック・アコースティック・ギター)のことである。『アコギ』なんて言い方をされることもある、アレである。

 

f:id:ken_tabise:20160501235817p:plain

f:id:ken_tabise:20160501235841p:plain

 

いきものがかり「ラブとピース!」PV


いきものがかり 『ラブとピース!』Music Video -YouTube Edition-

 

いきものがかり「Sweet! Sweet! Music!」PV


いきものがかり 『Sweet! Sweet! Music!』Music Video -Short Ver.-

 

フェンダーの特徴的なヘッド。
黒いペグ(弦巻き)。
緩やかなシングルカッタウェイのボディ。
特徴的な木目。

サウンドホール周りのデザイン。

あれだ。

ん~、たぶん……あれでしょ。

間違いないっ……!(違ってたらどないしょw)

って、他でもない、僕が所有しているギターであるw

2012年に、世界で15台しか生産されなかったモデルである。
フェンダーUSAはカスタムショップ製の『Kingman Flame Maple』(キングマン・フレイムメイプル)という。

 

写真など、5枚ほど……。

(※ちなみに、サウンドホールの下、ピックガードに付いている、一見キズのように見える白いシワシワ部分は、貼ってあるラミネートがシワシワになった部分である。ピックガードの保護用に貼ってあるラミネートを、まだはがしていないのだ)

 

f:id:ken_tabise:20160502015639p:plain

f:id:ken_tabise:20160501164549j:plain

f:id:ken_tabise:20160501165743j:plain

f:id:ken_tabise:20160501175756j:plain

f:id:ken_tabise:20160501170108j:plain

 

その名の通り、メイプル材が惜しみなく使われてます。

表板はレッドスプルース。
サイドはフレイム・メイプル。
バックもネックもメイプル。

音量があり、サスティーンも効き、とっても良い音で鳴ってくれます。

しかし。
それにしても。
いきものがかりという、当世の超売れっ子バンドが使っているとは知らなんだ。

さすが第一線で活躍しているミュージシャン、わけてもギタリストさんはイイ耳してるな~と感心してしまった。

さらには、僕もその中の1台を持っているということ(自慢げw)。

何とも嬉しい限りなのである (^^)

 

とはいえ(ちょっとトーンダウンするw)。

まあ……、ご本人に確認したわけじゃないんで、もしかしたら違うかもっていうか、山下氏が使っているのは、例えば特注の「いきものがかり専用、超スペッシャルモデル」かもしれない。

何かこう、上手く検証する手立てがあれば良いのだが……。

ま、とりあえずは同じと思っていても夢があって良いかな……みたいなw

  

GWでヒマだったので、公園で撮影してアルバムを作ってみた。
我ながら美しいギターにうっとり(再び自慢げw)
認定証明やマニュアルなども写してみた。

んでもって。

以下は、ちょっとオタッキーな話。
フェンダー社のR&D(研究開発部門)の人のインタビューなんかもある。

フェンダーさんは、もともとストラトテレキャスなど、エレクトリック・ギターで有名。

だけれども、ここ数年はエレクトリック・アコースティックギター(略してエレアコ)を、それなりのラインナップで発表している。

大量生産品だけではなく。
『超』の付く少量生産品も出している。

今回のネタ、『Kingman Flame Maple』がその一例。

もちろん、その超少量生産品を製造しているのは大量生産用の工場ではない。
フェンダーカスタムショップ”の名のもと、ハンドメイドでクオリティの高いプロダクトを作り込めるスペシャルな工場で製造している。

2012年の初夏、日本で開催された、東京ギターショー2012に、フェンダーR&D(研究開発部門)のレン・ファーガソン氏(Mr. Ren Ferguson)も登場、このモデルについて詳 しく語っている。
インタビュアーは Guitar Planet というショップの人たちで、ファーガソン氏が実に快く、かなり詳しく語ってくれている。

 


Fender Acoustic Kingman Flame Maple 【商品紹介@Guitar Planet】

 

もう1本、別のインタビューもあった。

 


Fender Acoustic Custom Shop REN FERGUSON Interview 【商品紹介@Guitar Planet】

 

特にこれらのビデオを見たからというわけではないのだけれども、かく言う僕も山野楽器で売られていたこのモデルに、ほとんど一目惚れしたクチである。
見た目はきれいだし、粒立ちの揃った音は実に素晴らしく、生音だけではなく、ラインでPAにつないだときも実に心地良く鳴ってくれた。
フィッシュマンのPU、イイ仕事してます。

Fender Custom Shop, Kingman, Flame Maple, 良いギターです。

 

何せ、いきものがかりさんもですから(たぶんだけどね~ ♪ w) (^^)