されどロックな日々 - ANNEX

「されどロックな日々」、別館 (ANNEX) でございます (^^)

ホンキートンクウィメン by ローリングストーンズ

Honky Tonk Women by The Rolling Stones


ロックの超名曲をウクレレで弾き語ってみました。

映像のプロデュースと編集は Satoshi Puppy H. 師匠。
カッコ良く仕上げていただきました。

Thank you VERY much ! (^^)

※ちなみに Satoshi 氏の vimeo アカウントは以下のとおり。他にも面白い映像があるから Check them out ! ってことで。

https://vimeo.com/puppypink

youtu.be

 

小室等さん、ライブレポート  (3/10/2018)

f:id:ken_tabise:20180310211830j:plain

小室等さんライブ】

2018年3月10日土曜。
場所は国分寺にあるライブハウス、エル・フガドール。
小室等さんのライブである。


小室さんといえば、1960年代から活躍している、言うまでもなく日本におけるフォーク音楽の草分け的存在である。
PPMフォロワーズ、六文銭フォーライフレコードなど、今さら僕がどうのと“解説”する必要はなかろう。

今回のライブでは、小室さんが昨年リリースしたアルバム『プロテストソング2』からの楽曲を第一部で。
プロテストソングと銘打ちながらも、決して過激であったり強烈過ぎないところは、いかにもジェントルな小室さんらしいというべきか。

第二部からアンコールにかけては、最新作からのマテリアルに加え、往年の珠玉の名曲「雨が空から降れば」、「誰かが風の中で」、「無題」などをときにパワフルに、ときにしっとりと。
「音楽夜話」を彷彿とさせる軽妙なトークを織り交ぜながら、そして時折り赤ワインを口に運びながらの、実に和気あいあいとしたライブであった。

f:id:ken_tabise:20180310211557j:plain

途中、いかにも小室さんらしい出来事が。

ライブハウス、エル・フガドールの近くには西武多摩湖線が走っている。
ライブの最中、ちょうど小室さんが喋っていたときのことである。
「木を植える」という、谷川俊太郎氏の詩を擁した曲を歌う前のことだった。

遠くから、電車の走るガタンゴトンという音が聞こえた。
すると小室さん「今、電車の音が聞こえてるじゃないですか? あれってイイですよねえ、すごくねえ……」
少し間を置いてから「ああいう音が聞こえるところで歌を歌うのってすごくいいなあ……」
しみじみと味わうようにおっしゃり、ギターを弾き始めたのだった。

ん~……。
さすがである。

小室さんの感受性の鋭さというか。
或いはアーティストとしての矜持というか。
良くはわからないけれども、何かそのようなものを感じた。

僕にはかような感性はない。
遠くから聞こえて来る電車の音を耳にしたところで何も思わない。
そもそも衆人環視のライブの真っ最中に電車の音に気付くなどということは皆無であろう。

やはりタダ者ではなかった。
小室等という人は鋭い感受性を持った粋人、アーティストなのであった。


そういえば。
70年代に設立され小室さんも属していた会社、ユイ音楽工房。
その名前の元となったのは小室さんの愛娘であり、現在はシンガーソングライターとして活躍していらっしゃるこむろゆいさんだったそう。
フガドールでのライブの間、そのゆいさんがきめ細やかに、しかしテキパキと小室さんをサポートしていた姿が実に印象的であった。

 

ときに、このライブが行われた国分寺のエル・フガドールでは、ちょうど2年前、2016年の3月、四角佳子さんのライブがあった。
もちろん僕も観戦させていただいたわけだけれども、四角さんといえば小室さんが発掘した逸材であり六文銭のシンガーなわけで、いずれ近い将来ぜひとも直近の六文銭こと六文銭 '09 のライブをフガドールで観てみたいとか思ってしまった。
もし実現すれば、小室さん、こむろゆいさん、四角さん、及川恒平さんの揃い踏み、何とも豪華なライブになりそうだ。

 

ステージでの小室さん、お声の方もガッツリで、昔と変わりなく下から上まできれいにしっかり出ておりました。
ギターはストロークアルペジオ共にこれまた往年の小室さんそのままであった。ギタリスト・小室等は健在なのである。

それにしても、「夢弦堂」というラベルの貼られたあのギター、とんでもなく良いサウンドを奏でておりました。

ところで、小室さんがカポを付けるとき、結構ナナメ気味になっており、あれで大丈夫なんだろうか、弦のビビリが出ないのだろうかと余計なお世話ながらちょっと心配になったりもしたのだが、まったく問題なし。小さめのカポだったけれども、かなりの(?)高級品と見た。

f:id:ken_tabise:20180310211912j:plain

ところで、実は高校時代、僕は小室さんのコンサートに行ったことがある。
当時すでに欧米のハードロックに傾倒していた僕は、フォークミュージックなど何も知らない状態で、つまりは何の予備知識もないまま、中学時代からの友人に「小室等っていうフォークシンガーのコンサートに付き合え」と、ほとんど強制的に連れて行かれたのであった。
フォークシンガーのコンサートというフレコミだったので、ギター1本で弾き語りをやる御方なのであろうと思っていたら、あに図らんや、ベースやドラムやキーボードなどエレクトリック系の楽器を持ったバンドをバックにガンガン歌っておられ、帰り道、一体あの音楽のどこがフォークなのだ、ロックと変わりがないではないか、お前はアホかヨノナカ舐めてんのか等さんざん悪態をついていた記憶がある。

今回、小室さんのライブ終了と同時に、僕は物販コーナーに置いてあった本「プロテストソング」を買わせていただいた。
アルバム『プロテストソング2』に収められた楽曲の楽譜、谷川俊太郎氏との対談、また谷川氏の詩などが盛り込まれた、実に贅沢な書籍である。
小室さんからサインをいただくときに、高校時代の話をしたら「あ~、そうなの~」とニコニコ笑っておられた。
氏の人柄がにじみ出るような、実に優しく、誠に柔らかな、それでいてなおダンディな笑顔なのであった。

(注: 写真撮影及び写真のSNS掲載等に関しては、小室等さんご本人、及びエル・フガドールオーナー、レンゾーさんより許可を頂いております)

f:id:ken_tabise:20180310214636j:plain

 

f:id:ken_tabise:20180310214810j:plain

 

f:id:ken_tabise:20180317050954j:plain

ジェフ・ベック・ストーリー Jeff Beck Story - Still on the run (DVD/BR)

Jeff Beck Story - Still on the run】

2018年3月5日月曜。
天候は強風雨w 場所は新宿シネマート。

スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー。

DVD/BR発売記念上映会

f:id:ken_tabise:20180305184932j:plain

ジェフ・ベックストーリーというタイトルの作品だが、詰まるところ壮大なるロックヒストリー仕立てになっていて、登場人物がとにかく豪華。

エリック・クラプトンジミー・ペイジ、ロッド・スチュアート、ロニー・ウッドジョー・ペリーヤン・ハマータル・ウィルケンフェルド、スラッシュ、その他とにかく沢山たくさん。

ジェフベック本人が影響を受けたミュージシャンの下りでは、かなり意外なお答えが聞けたりして興味津々であった。
また、『ブルーウィンド』や、スティービーワンダーの『迷信』が出来上がって行くプロセスの話は、僕のようなアマチュアにとって実に示唆に富む内容。
また、バンドのカナメはドラムであると断言、僕としてはベースも超重要だと思うのだけれども、何せ相手がジェフベック先生なので僕としては首肯する以外になかったようなw
要はバンドのボトムを支えるパートが重要ってことですかね。
色々お勉強になりました。

日本は軽井沢での演奏シーンがしっかり出て来る。
BBAのライヴ映像が出て来るけれども、あの音源は73年大阪の演奏かな~と。

優れたヴォーカリストを探すことをきっぱりとやめて、ギターに集中したら"Blow by Blow" になったってことで、やはりあの作品が色々な意味で大きな転換点、分岐点になっていたようだ。インスト作品があそこまでセールス的に成功したという点からは、ギョーカイに与えた影響力も大いにあったようで。

登場する皆さんがミュージシャン・ジェフ・ベック、人間・ジェフ・ベックを語るのだけれども、最初は褒めちぎりまくりながら、後半からはなかなか「人間臭い」話も登場したりして、ドキュメンタリーとしてしっかり成立しているところに好感が持てた。
やっぱりヨイショばっかりの美談仕立てじゃつまんないしw

一番笑えたのはウッドストックの例の有名な逸話に絡み、ジェフ・ベック・グループの某元メンバー氏が「あり得ね~よ!」というような表情をしたところ。
とはいえ、いかにもジェフ・ベックらしいエピソードで大変に素晴らしいのであったw

天才はヒラメキで動くので、周囲には気まぐれ、ときとしてワガママにも見えてしまうのであろう。

f:id:ken_tabise:20180305185228j:plain

個人的ながら何気なく思ったのは:

ジェフ・ベック
⇒天才

エリック・クラプトン
⇒秀才

ジミー・ペイジ
⇒天才と秀才のミックス

ジミ・ヘンドリクス
⇒鬼才

みたいな。

そういえば、上映前にはウドーの人が登場して、これまた色々と面白い話をしてくれた。
やっぱり天才肌、ジェフベックは違うな~と思った次第。

歪み系の誘惑 ~ ギターエフェクターの場合

【歪み系の誘惑】

ギターエフェクターには歪み系、揺らし系(modulation系)、響き系(空間系)その他色々ありますが、中でも一番派手で華やかなのが歪み系でありましょう。
その音たるや魅力的かつ蠱惑的ですらあるわけで、エレクトリックならではの楽しさや面白さがあるような……。

『ギターマガジン』の2018年2月号では「歪みペダル 2017-2018」なんて特集が組まれていたりして、何気に歪みホリックなワタシには誠に危険な号なのでありましたw

最近は年齢のせいかw足元スッキリになるマルチばかり使っているのですが、たまに使う歪み系が未だ3個ばかりありまして。

 

☆ VOX JS-DS Satchurator 

f:id:ken_tabise:20180204002048j:plain

ジョー・サトリアーニが VOX とコラボって作ったディストーション、サチュレーターです。
ディストーションの呼称通り、音を思いっ切り distort して(=歪ませて)くれます。
ジョーサトの『Surfin' with the Aliens』の音が出るだけではなく、ハードロックはもちろんヘヴィメタルまでがっつりカヴァーできます。
上がかなり強調されるタイプで、持っている歪み系の中では(マルチを含めても4台しかないけどw)一番過激な部類に入りますが、後述の BD-2W と組み合わせると下もしっかり腰のある音がするようになり、過激さ(?)は若干丸められつつもなかなかに迫力のある音を出してくれます。
チキンヘッドのコントロールノブは足でも回しやすく、また more ボタンはゲインを一気に1~2割増しぐらいで引っ張り上げてくれるので、ライブなどでの使い勝手もかなり良いです。

ちなみにギタマガの Top 100 ランキングでは89位、発売からすでに10年を数えるエフェクターながらも、なかなかの健闘かと。

 

☆ BOSS/Roland BD-2W Blues Driver

f:id:ken_tabise:20180204001915j:plain

内外・プロアマ・年齢・男女・体温問わず、歪み系といえばド定番のブルースドライバー BD-2 の兄弟ですね。
技(ワザ)シリーズのこれにはカスタムというファンクションが付いていて、レギュラー版の BD の音をさらに太くしたようなサウンド、軽いオーバードライブから結構なディストーションまで、幅広く腰のある音を出してくれるので重宝してます。
ピッキングの強弱など微妙なニュアンスをしっかり反映させてくれるのは言わずもがなのお約束。
通称『銀ネジ』、Made in Japan です。

ギタマガのランキングでは18位。
ちなみに BD-2 は、当然のようにw堂々の第1位。

 

☆ Guyatone TOUCH OVERDRIVE PS-025

f:id:ken_tabise:20180204001926j:plain

古いです。

すんごく古いモデルです。
でもイイ音します。
独特な軽めのオーバードライブはとても心地良いです。
MXR の Dyna Comp(通称 大根)なんかと組み合わせると、心地良さは十倍増、オトナ~な感じの上品で落ち着いたライトな歪みを醸し出してくれます。

当然ながら、元気一杯の Satchurator とはまったく異なるキャラの持ち主です。
リリースとダイナミクスのコントロールが付いているので、ノイズ対策を取ったり、ピッキングのニュアンスをコントロールできたりなども二重マル。この辺りもオトナなイキフンです。

 なお、超古いモデルなので、ギタマガのランキングではもちろん圏外w


ところで。
エフェクターを語る場合にはアンプも重要なわけですが、ワタシの場合は Roland の JC-120 Jazz Chorus(通称 ジャズコ)が一番のお気に入りです。
どちらかというとクリーントーンで人気のあるアンプですが、どうしてどうして歪み系もしっかり鳴らしてくれます。プロの方々にもジャズコで鳴らす歪み系を好んで使っていらっしゃる向きも決して少なくはないですね。
ジャズコ以外だと、フェンダーの Delux Reverb(通称 デラリバ)、マーシャルの JCM900 あたりですかね。

ジャズコでは、チャンネルリンクを大いに活用しております。

チャンネル1からエフェクターを通した音、チャンネル2からはジャズコの歪みや揺らし系を通した音を出し、両方をミックスさせて使ってます。音量的には6:4から7:3ぐらいですかね。
具体的なケーブル回しとしては、ギターをチャンネル2の high に接続。

その low からエフェクター経由でチャンネル1の high にリンクさせているといった按配です。


ところで、今すんごく気になってる歪み系。

1) Ovaltone Q.O.O. Blue edition
MISIA のバックなどでプレイしていた某有名ギタリストさん御用達。
見た目もキレイなエフェクター
流通量が少ないのがネックか。

2) FRIEDMAN BE-OD
一昨年の楽器フェアで某プロの方が使っているのを見て驚嘆。
Anasounds のディレイ Utopia と組み合わせて、とんでもなくカッコ良い音を出してました。

3) XOTIC BB Plus
XOTIC といえばブースターが充実のラインナップ、BB や EP なんかはその代表格かと。
いわば BB の拡張版がこの BB Plus に当たるわけですが、音作りのバラエティも豊富なようで個人的には興味津々といったところ。
先日、某ライブでアマチュアの方が良い音出してたのが記憶に残ってます。


春に向けて、どれか1台買ってみようかな~と。
でも歪み系を買うと、それに合わせて揺らし系やら響き系も買い足したくなり、極めて危険なループにはまるリスクが増大、なかなかに悩ましいのであります。

 

すっぴん&髪の毛サラサラの忌野清志郎とウクレレ

【すっぴん&髪の毛サラサラの忌野清志郎ウクレレ

f:id:ken_tabise:20171212183045j:plain

一昨年の1月からウクレレを始め、その直後からウクレレ奏者の必読マガジン『Rolling Coconuts』(通称:ローココ)を読ませて頂いているワタシ。

毎号、様々に情報満載なのにフリーという超太っ腹な媒体。
ありがたく読ませていただいております。多謝 m(_ _)m

んでもって。

昨晩(12/11夜)、東中野はカフェじみへんのロックセッションに参加したときのことである。

隣の席になった Sawako さんが持っていたのが、ローココの#7。
何と、表紙がすっぴんで髪の毛サラサラの忌野清志郎RCサクセション)なのである。

何これ?
すげ~!

かな~りびっくりした。

f:id:ken_tabise:20171212182249j:plain

エキサイトする気持ちを抑え込みつつ早速写真を撮らせてもらい、速攻で某ウクレレ有識者に表紙の画像を LINE したところ、「あ~、知ってる、見たことある」とのお返事。

何だよ、知らなかったのはワタシだけだったらしい(?w)。

インタヴューにはオリジナルユークの製作秘話みたいなネタもあったりして、さりげなくも超充実。

おもしろい!
こういう話は貴重なのである。

しかし疑問は残る。

インタヴュー中、元ブッカー・T&THE MG'S のギタリスト、スティーブ・クロッパーにウクレレを送るって言ってるけど、本当に送ったのであろうか?
だとしたら、何かリアクションはあったのであろうか?

f:id:ken_tabise:20171212182325j:plain

(Courtesy of Sawako-san, thanx ! :-)

コレサワおもしれえ

先週末のこと、カラオケ屋で歌ってるとき、曲の間のコーナーで『コレサワ』というアーティストを紹介してた。

被り物とかしててヘンな女。
パッと見の印象はそんな程度。
だけど音を聴いてみたらちょっとおもしれえとか思って、帰宅途上 YouTube で漁ってみたら、いや~、すんごく面白い。

一般的に言って、20代の婦女子は綺麗キレイしたラブソングを好む傾向にあって(演る方も聴く方も)、まあ、それはごく普通の傾向であるし別に良いのだけれども、一方において、僕のようなオッサンにとってはほとんど面白くもないシロモノであり、圧倒的に守備範囲外の存在。
お互い様かw

しかるに。

コレサワという女子の描く世界は実に独特で視点がユニークなのである。
他のアーにはない感性で世界を捉えている感じ。
明らかに若者向けの曲だけどw、フックが効いているのでオッサンの琴線にもしっかり引っかかる。

例えば『SSW』(シンガーソングライター)という曲の1番のサビの歌詞である。
この部分だけを聴くと単なる皮肉というかイヤガラセwにしか聞こえないようなところもあるのだけれども、曲全体からこの部分を眺めてみると、実に奥が深いことがわかる。
あまりにも秀逸すぎて、もう何回聞いたことかw

世に蔓延する「普通な」ラブソングの歌詞には全面的に食傷気味なんだけど、このぐらい振り切れた歌詞にはとてつもない心地良さを感じるわけで。

カノンなコードプログレッションに乗ったサビのメロディラインも何とも小気味良い。

また、MVのヘタウマちっくなアニメもコレサワの描く世界の魅力を倍増させて引っ張り出すような仕上がりになっていて、シナジー10倍、20倍。

この人については、他にも面白い作品が目白押しのようで、迫りくる今年の秋の夜長はコレサワを色々聴いてみようと思うのである。

あ、あともちろん歌も上手いし。


コレサワ「SSW」【MUSIC VIDEO】

音楽が持つものすごいパワー

f:id:ken_tabise:20170511202159p:plain

このおばあちゃん、88歳。

ギターも歌もかなり上手い!

アルツハイマーを患っているそうなのですが、昔歌っていたゴスペル曲の弾き語りを息子さんと一緒にやるとあら不思議、俄然生き生きと蘇るのだそうです。

音楽が持っている、とてつもない潜在力を感じます (^ ^)

いや、それにしても、ホントにすごい……。

 

※ 動画は以下をクリックしてみてください ↓↓↓

https://www.facebook.com/opposingviews/videos/10154746107981051/